熊本発 けん爺ちゃんの徒然見聞録
熱帯魚やペット(犬猫)、韓国、飛行機、船、模型、半導体、歴史(日本/世界)、旅行などなどいろんな話題を日記を中心にのんびりアップしていきます(^・囚・^)
プロフィール

けん爺ちゃん

Author:けん爺ちゃん
~序段~          

徒然(つれずれ)
なるままに、日暮らし
電脳箱に向かひて、心に移りゆく
よしなし事を、そこはかとなく
動画にす。

~  ~

初めまして!
熊本にて細々と
生息中のけん爺ちゃんです。

日々の階段から
見える景色を、徒然に書き記して
いこうと思ってます。

AB型の影響なのか、
たま~に歴史マニアな記事に
なっちゃったり、更新のペースが
約10日ごとになるなど、クセが
あるブログですが…

貴方のお気に召したら幸いです
m(_ _)m

コメント大歓迎です☆★
名前とコメントだけで出来ますよ
(^△^)



カテゴリー



カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 GW 瀬戸内トラベリング おまけ編
2010 GW 瀬戸内トラベリング 後編3 (3/3) からの続きです。
後編からあふれ出した内容を、急遽おまけ編に
仕立てたという詐欺師のような手口となっております。


2010年 5月4日(月) 14:58

uvs110224-002.jpg
萩を去り、2匹の男は
次の目的地に向かう。ちょうど九州に帰る
道沿いから、少し入ったところにあるらしいけど…


2010 GW 瀬戸内トラベリング 後編のPV (とある名番組風)


TS3B2394.jpg TS3B2395.jpg TS3B2396.jpg
TS3B2397.jpg TS3B2398.jpg TS3B2399.jpg
TS3B2402.jpg
むむっ!
匂う、匂うぞ…
このあたりではなかろうか…。

TS3B2403.jpg TS3B2404.jpg TS3B2405.jpg 
TS3B2406.jpg TS3B2407.jpg TS3B2408.jpg
TS3B2410.jpg TS3B2409.jpg TS3B2411.jpg

15:23

あった、ここだ!
秋吉台リフレッシュパーク なる
広場に突入。キャンプ場や温泉、パン工房などがあるようだ。

TS3B2412.jpg TS3B2413.jpg TS3B2415_20110321013622.jpg
TS3B2419.jpg TS3B2417.jpg
目的はただ1つなので
他の場場所には目もくれず、
目当ての場所にひたすら突進する。

TS3B2421.jpg TS3B2420.jpg
あった…景清洞 (かげきよどう)
今から約800年前の源平最後の合戦、
壇ノ浦の合戦 で負けた 平 景清 が逃げ込んだ洞窟だ。 

なかなかいい体験が出来そうやなぁ。
探検は小学生が対象っぽいけど、中身が小学生なので問題なしw

TS3B2422_20110321014106.jpg TS3B2423.jpg TS3B2424_20110321014105.jpg
TS3B2425_20110321014104.jpg
観覧券販売所。
普通料金1000円、プラス
洞窟探検特別観覧料300円、計1300円。

行方不明に備えて
名前や住所、連絡先を記入。
そらぁどこでんさろいて、とつけむにゃーこっばすっけんねー
そぎゃんなっ可能性オオアリたいw       
※さろいて、とつけむにゃー…熊本弁。 “ウロウロして、とんでもない”

TS3B2426.jpg TS3B2427_20110322225750.jpg
TS3B2428.jpg
一般コースと探検コースがあって、
それぞれ700mと400mの長さらしい。
探検コースは真っ暗闇って…いったいどんな世界なんだ??

   係員 『ここをアゴに当てて、落ちないように…
           懐中電灯はここがスイッチで、うんたらかんたら…』

TS3B2429.jpg TS3B2430.jpg TS3B2432.jpg
TS3B2433_20110323001547.jpg TS3B2434.jpg TS3B2435.jpg
TS3B2436-1.jpg 1005しまなみ 011
子供たちに混じって
せっせと探検の用意をする。
長靴とか何年ぶりだろうか…懐かしい感覚。

さっそく入り口へ。

TS3B2439_20110323004204.jpg TS3B2440.jpg TS3B2441.jpg
TS3B2580.jpg uvs110325-004.jpg uvs110325-005.jpg  
TS3B2577.jpg TS3B2576.jpg uvs110325-006.jpg

15:37

   C男 『すげぇレイキ
          奥から来よる…これすげぇよ』

                    (゜д゜) 『パワースポットやねぇ。
                          うっわ~すげぇ…わっ!
                           上からしずくが落ちて来る…!』

15~20m位の
崖の下にある、巨大な入り口。
天井から水がボタボタ落ちて来る。

TS3B2575_20110323004351.jpg TS3B2574.jpg TS3B2572_20110323004740.jpg
TS3B2573.jpg
生目の滝の由来を読み、
ご利益がありますようにと
バッシャバッシャ目にかける。手が千切れるほど冷たい水だった。

あぁ、太陽の光が遠ざかる…

TS3B2442.jpg TS3B2444.jpg TS3B2445.jpg
TS3B2446_20110323005448.jpg TS3B2448.jpg TS3B2563.jpg
TS3B2449.jpg
うほー!
想像してたよりも広くて高い!
雰囲気を醸し出している照明が、巨大な地下の空間を照らし出している。

TS3B2450.jpg
ヘッドランプとか
何十年ぶりだろう…
カブスカウト、ボーイスカウト以来やなぁ。

ボーイスカウト1 カブスカウト ボーイスカウト2
あの頃は20cmくらいの
ナイフ片手に、カウボーイハットと (今はベレー帽が多い)
ネッカチーフ (首をしっかり守る。ほかにも骨折時の三角巾や止血用、
応急タオルになるなど用途が広い)
、そしてアフリカの探検服のような格好に身を包み…

生きたニワトリをサバいて鍋にしたり、
紅白の手旗信号や、ロープの結び方、木材を組み合わせた橋の作り方を
習ったり、週末に自炊で山中に野宿していて、警察に通報されたりとワイルドな活動をしてたなぁ。

ボーイスカウト3
ボーイスカウトの
組織の中でも、けっこう過激な団体だったと思う。
熊本の第●団所属だったなんて口が裂けても言えないw

話が横道へそれる中、
2匹は道順通りにトコトコ奥へと進む。

TS3B2451.jpg TS3B2452.jpg TS3B2454.jpg
TS3B2455.jpg TS3B2456.jpg TS3B2454.jpg
TS3B2457.jpg TS3B2461.jpg 

   C男 『天井が段々低くなってきたぞ~』

                 (゜д゜) 『通路が水びたしやんけ…
                       ここまだ一般コースなんよねぇ?』

TS3B2515.jpg TS3B2514.jpg
長靴は大正解。 
あちこち湧き水?だらけだ。

TS3B2458.jpg TS3B2459.jpg TS3B2463.jpg
TS3B2462.jpg

TS3B2466.jpg

   C男 『おい…』

               (゜д゜) 『あぁ…始まったな。
                     えーっと、探検コース…始まり、か』

uvs110324-001.jpg uvs110324-002.jpg TS3B2467_20110324233713.jpg
いよいよ探検コースが始まった。
一般コースにぽつぽついた人影が、
完全に消えて2匹だけに…それにしても、ホントに真っ暗やのぅw  

   (゜Д゜) 『た、隊長!
         天井が低くて頭がぶつかりそうですっ!』

                        C男 『気をつけろw やられるぞw』 

    (゜Д゜) 『この先真っ暗なんすけど…
          どっちに行ったらいいんすか?w』

                       C男 『…光の差す方へw』

     (゜Д゜) 『…ヘッドランプの?w
            わ~!水が…もうこれ…川やん!』

                        C男 『上からも下からも水が…!
                                生きて帰れんかも知れんw』

洞窟② TS3B2469.jpg TS3B2475.jpg

    (゜д゜) 『すごいね~この自由度。
          勝手に行っちゃっていいよ、みたいな。
           この横穴とかデカいし、入って行く人いるんじゃ?』 

   (゜д゜) 『多分これ…           
         動画何も映ってないだろなぁ……あいたぁ~!痛ぇ~!』
                              
                                
洞窟③

                     C男 『めちゃくちゃ低いよこれ』

   (゜д゜) 『これ…ヘルメットあってよかったなぁ』

                    C男 『最初いらんやろって思ったけどねぇ』

    (゜д゜) 『こん中で人知れず…
          負傷して出られんとかもあり得るよねぇ。
           ヘンなとこに迷い込んで、喉でも怪我したら見つけられんどーこれは』

TS3B2472.jpg

     (゜д゜) 『さっきとか明らかにカ…』

                      C男 『おほぉっ!!

   (;゜д゜) 『えっ?』

洞窟④

     (;゜д゜) 『おい…おーい?
            ままま、マジで…?おい!C男ー!?』

                        C男 『…うっほ~、びっけた~』

      (;゜д゜) 『おぉっ!生きてた!
             もう置いて逃げようかと どぎゃんしたっや?』

                       C男 『ほら、ここ!
                              ここで足滑らせてから、こん穴に落っこってねぇ』

TS3B2482.jpg

   (;゜д゜) 『あ~こらぁ危なかばい!
          何も見えないって?見るんじゃない、感じるんだ…!』

TS3B2477.jpg TS3B2479.jpg TS3B2486.jpg
uvs110327-001.jpg

                         C男 『探検コース、中間点!』

    (;゜д゜) 『はぁはぁ…えへぇ~まだ中間!?
           はぁはぁ…けっこう歩いたのに…
            こんなに疲れたのにまだ中間点とは…はぁはぁ…』

                          C男 『恐るべし、景清洞…』

TS3B2481.jpg

uvs110325-002.jpg uvs110325-001.jpg uvs110325-003.jpg

    (;゜д゜) 『はぁはぁ…、こ、腰痛ぇ~w
           て、天井が低い…ホントに爺ちゃんみたいな格好やのぅ』

                       C男 『何じゃこりゃ??
                              ロープ?サンゴの化石…?』

    (;゜д゜) 『はぁはぁ…隊長!
           今後の見通しについて一言!』

                   C男 『うむ、…なせばなるw』

TS3B2483_20110325002710.jpg

TS3B2490.jpg TS3B2492.jpg TS3B2491.jpg
TS3B2493.jpg

  (;゜д゜) 『はぁはぁ……やっと着いた。
         まだ奥に続いとるんやねぇ…』

             C男 『この先行ったら…
                    間違いなく行方不明だろうなぁ』

灯りがなかったら
どうなるんだろうと消して、
真っ暗闇の中、じっと座ってみる。
シー……………ンー………………………。音は何も聞こえない。
 
何とも言えない
不気味な空気。余計に肌寒くなってきた。
は、早く戻ろう…何かヤバい気がしてきたぞ…

…この時、何故か昔見た
番組を思い出していた。今ほどテレビの規制が
厳しくなかった頃、世界各地の探検名所を紹介する番組があって…

多分海外の番組を
紹介する形式の放送だったと思うけど…
ジャングルの中にある、とある水中洞窟の話だった。

今でも鮮明に覚えている
その番組のナレーターの話しぶりと、
その後出てきた映像が、小学生だった爺ちゃんには
衝撃的だったのだ。 

   ナレーターA 『この中をダイビングしてるとですね~…
              横穴の奥でとんでもないものを見つけちゃったんですね~』

                     ナレーターB 『とんでもないもの…ですか?』

    ナレーターA 『それは、これなんですよ』

バーン!
ダイバーの死体。
エェ――(; Д )゜゜――!!

ちゃんと字幕で
“ダイバーの死体” と表示するきめ細かさ。
背中と足と、後頭部しか見えなかったけど…

    ナレーターA 『おそらくですねー、探検中に
               迷って空気がなくなったんでしょうねー』

…ナレーションののどかさと
映像とのギャップが印象的で…数十年たった今でも脳裡に浮かぶ。
C男はこの時、何を考えていたんだろう?


TS3B2495.jpg TS3B2494.jpg TS3B2499.jpg 
TS3B2498.jpg TS3B2501-1.jpg TS3B2503_20110325233637.jpg
早足で戻る。
何度も振り返る。
後ろの果てしなく深い闇の奥から、何かが来そうな…そんな潜在的な恐怖からくる不安。
ひ、ヒカリは…?!ヒカリはまだ見えないのか…?!

あっ!あれはっ!?

TS3B2496_20110325234240.jpg

TS3B2507.jpg TS3B2509.jpg TS3B2510.jpg
TS3B2511.jpg TS3B2512.jpg
ふぅ…
何とかここまで戻って来れた。
人もいるし、灯りもある。何て安心感!

TS3B2513.jpg TS3B2519.jpg TS3B2518.jpg
TS3B2523.jpg TS3B2521.jpg 1005しまなみ 007
TS3B2520_20110325235703.jpg

TS3B2526.jpg TS3B2528.jpg TS3B2530.jpg
TS3B2531.jpg TS3B2536.jpg TS3B2534.jpg
TS3B2537.jpg TS3B2533.jpg TS3B2538-1.jpg
TS3B2540.jpg

   C男 『いや~雄大やねぇ。
           地下にこんな広い空間があるとは…』

                 (゜д゜) 『この地域でまだ
                       見つかってない洞窟とかありそうやねぇ』

TS3B2541.jpg TS3B2543.jpg TS3B2550_20110327133921.jpg 
TS3B2548_20110327133922.jpg TS3B2554.jpg TS3B2551.jpg 
TS3B2552.jpg TS3B2555.jpg TS3B2557.jpg 
TS3B2560.jpg

TS3B2558.jpg TS3B2566-1.jpg TS3B2567.jpg
TS3B2570.jpg TS3B2571.jpg TS3B2578.jpg

16:58

そして、どーにかこーにか
光溢れる地上へと戻って来た。
生還出来たどー!太陽の光はありがたいもんやのぅ。 

TS3B2582.jpg TS3B2581.jpg TS3B2583.jpg
TS3B2586.jpg TS3B2584.jpg TS3B2591.jpg
ヘルメットを返却し、泥だらけの
長靴をタワシでゴシゴシ洗って天日干し。
うーん、よく無事に戻って来れたなぁ… シミジミ  

TS3B2590.jpg TS3B2592.jpg
さらば!
景清洞!そして美東町!
素晴らしい体験をさせて頂きました!










TS3B2593.jpg

TS3B2595.jpg TS3B2597.jpg TS3B2598.jpg
TS3B2599.jpg TS3B2600.jpg TS3B2602_20110327222131.jpg
TS3B2604.jpg

17:22

石灰岩と草原が入り混じった
山並みを走る。風景は阿蘇に似ているけど、地層はまったく違うようだ。
地下には鍾乳洞がたくさんあるんだろうなぁ。

TS3B2610_20110327222835.jpg TS3B2611.jpg TS3B2612_20110327222834.jpg
TS3B2615.jpg TS3B2614-1.jpg TS3B2618_20110327222832.jpg
TS3B2617.jpg
まるで墓地のように
白い岩石がズラーッと並んでいた。不思議な光景やなぁ…。
だいぶ日が傾いて来た。高速のICはこっちかな?

TS3B2621.jpg TS3B2622.jpg TS3B2624.jpg
TS3B2626-1.jpg TS3B2627.jpg TS3B2628.jpg
TS3B2629.jpg TS3B2631.jpg TS3B2632.jpg
TS3B2633-1.jpg TS3B2634.jpg TS3B2635.jpg

17:59

美弥 IC から
中国道に入り、いよいよ九州への
帰路に着く。いやー、後はのんびり帰るだけやなー。 

TS3B2637.jpg TS3B2638.jpg TS3B2640.jpg
TS3B2641.jpg TS3B2643.jpg TS3B2644.jpg
TS3B2645.jpg
どうやら、この先が
渋滞らしいなぁ…この3日間、GWというのに
信じられないほど渋滞に遭遇しなかった運も、ここで尽きたか…?

TS3B2646.jpg TS3B2647.jpg TS3B2650.jpg
何と、渋滞は
反対車線だけ!こちら側は
スムーズな流れのまま…こんな旅行は初めてだ。

TS3B2653.jpg
そして、日が暮れた。

…2010年、GW。
大分から始まり愛媛、今治、
しまなみ海道、広島の尾道、三原、呉をまわり…

19:16

TS3B2660.jpg TS3B2662.jpg TS3B2669.jpg
TS3B2663.jpg TS3B2664.jpg TS3B2665.jpg
萩、山口を巡り
ぐるりと西日本を一周してきたこの旅行。

TS3B2671_20110327233904.jpg TS3B2673.jpg
記事3編で終わらせるハズが、
気がついたら7編という超長編モノに…
2011年の3月に、記事を書き上げるってのもどーかとw

今回もまた色々ありましたが、
C男の計画性と撮影への理解・協力に
助けられて、こうして記事を完結する事が出来ました。
C男、毎回毎回本当にありがとう。

西日本(拡大)旅程図
写真・独断・偏見だらけの
こんなブログを最後まで読んでくれた皆さん、
どうもありがとうございました!

2010 GW 瀬戸内トラベリング 前編
2010 GW 瀬戸内トラベリング 中編1(1/2)
2010 GW 瀬戸内トラベリング 中編2(2/2)
2010 GW 瀬戸内トラベリング 後編1(1/3)
2010 GW 瀬戸内トラベリング 後編2(2/3)
2010 GW 瀬戸内トラベリング 後編3(3/3)
2010 GW 瀬戸内トラベリング おまけ編


2010 GW 瀬戸内トラベリング    完
 



気が向いた時に
ワンクリックして頂くと、爺ちゃんは長生き出来そうです。 m(_  _)m


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 動画紹介ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ 

スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント
ついに完結・・
大長編~そして忠実な再現ありがとう

記事を見ながら振り返ると、かなり濃厚な旅だったことが分かるww

こちらこそ、おかげさまでいいGWでした☆


西日本制覇 離島も制覇  次は・・?
【2011/03/29 20:37】 URL | C男 #- [ 編集]


>C男さん

そう言ってもらえると、ありがたや~(-人-)
ホント、予想外の大長編で…こないだの沖縄も早く書きたいけどねぇ…。

濃厚だったね~この旅は!
たった3日の間にこれだけの出来事が…
途中マニアなミュージアムがなければ、もっと簡潔に完結出来たのに(笑)

次は…あにょの国?
【2011/04/11 04:16】 URL | けん爺ちゃん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://3kstyle.blog104.fc2.com/tb.php/191-26f8fa54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。