FC2ブログ
熊本発 けん爺ちゃんの徒然見聞録
熱帯魚やペット(犬猫)、韓国、飛行機、船、模型、半導体、歴史(日本/世界)、旅行などなどいろんな話題を日記を中心にのんびりアップしていきます(^・囚・^)
プロフィール

けん爺ちゃん

Author:けん爺ちゃん
~序段~          

徒然(つれずれ)
なるままに、日暮らし
電脳箱に向かひて、心に移りゆく
よしなし事を、そこはかとなく
動画にす。

~  ~

初めまして!
熊本にて細々と
生息中のけん爺ちゃんです。

日々の階段から
見える景色を、徒然に書き記して
いこうと思ってます。

AB型の影響なのか、
たま~に歴史マニアな記事に
なっちゃったり、更新のペースが
約10日ごとになるなど、クセが
あるブログですが…

貴方のお気に召したら幸いです
m(_ _)m

コメント大歓迎です☆★
名前とコメントだけで出来ますよ
(^△^)



カテゴリー



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 GW 瀬戸内トラベリング 後編1 (1/3)
2010 GW 瀬戸内トラベリング 後編のPV からの続きです。


2010年 5月4日(月) 07:54

TS3B1784.jpg

TS3B1792.jpg TS3B1795.jpg TS3B1794_20110126231903.jpg
TS3B1791_20110126231902.jpg TS3B1790_20110126231901.jpg TS3B1782.jpg
TS3B1789.jpg
周囲の物音で目が覚めた3日目の朝。
昨日はたっぷり寝 るしかなかっ たのぅ… (ノД`)~゜。


2010 GW 瀬戸内トラベリング 後編のPV (とある名番組風)

ここは山口県萩市。
瀬戸内トラベリング最終日の今日は、ここ萩ユースホステルから
レンタサイクルで萩市内を巡り、その後少し離れた所にある洞窟を探検する予定。 

まずは、朝メシ。

TS3B1775.jpg TS3B1774.jpg TS3B1773.jpg
朝ご飯の見本のようなメニュー。
何だかホッとするような、お腹に優しいような…
そんな食事を、お茶5~6杯と一緒に胃袋へ流し込む。

TS3B1780.jpg TS3B1779.jpg TS3B1783.jpg
TS3B1785.jpg TS3B1787_20110130224533.jpg TS3B1788.jpg
TS3B1778.jpg TS3B1786.jpg 
ここでレンタサイクルの
貸し出しもやってるみたいやねぇ…
チェックアウトの時に申し込んでみようか。

   バイカーA 『まさかあんなに
              酒乱だったとは思わんかったです…
               もうあの人と、一緒に旅行行きたくないですね』

                   バイカーB 『昨日のはあんまりやろー
                              何時まであの人騒いでたの?』

昨日、大声で喧嘩してたアレか…。
どこの世界でも、後輩から迷惑がられる先輩がいるもんだ。
反面教師にしとこう(;-人-)

TS3B1811.jpg

TS3B1812.jpg TS3B1799.jpg TS3B1801.jpg 
TS3B1804.jpg TS3B1802.jpg TS3B1803.jpg 
受付け近くの
テーブルには色々な観光案内が。

青海島 (あおみじま) か…
船で巡る海上アルプスという、非常にそそられる
場所だけど時間的に行く暇がないので、今度のお楽しみに。

TS3B1797_20110130225800.jpg TS3B1805_20110130225759.jpg TS3B1807.jpg 
TS3B1798_20110130225759.jpg TS3B1806.jpg TS3B1808.jpg
TS3B1809.jpg TS3B1810.jpg
寝ぼけてたせいか写真がブレてるw
どこ回ろうか?とC男と簡単に打ち合わせ。とりあえず中心部を
突っ切って東にある松蔭神社を目指し、維新ロードを下ったあと途中にある名所を見ていこうか。

TS3B1819-2.jpg

TS3B1817.jpg TS3B1818.jpg 
お世話になりました!
さーこの中州の島を、気の済むまで巡ろうか!

TS3B1820.jpg TS3B1822.jpg TS3B1823.jpg
TS3B1824.jpg TS3B1825.jpg TS3B1826.jpg
TS3B1827.jpg

   (゜д゜) 『暑いの~ぅ』

              『チャリでまわる体力あるかな…
                  瀬戸内の島巡りの時は、かなり体力奪われたけんねw』 

     (゜д゜) 『今日はのんびりいこかー』

瀬戸内海の島での迷走
2010 GW 瀬戸内トラベリング 前編) が
こたえたのか、今日のC男は地図を片手にいつも以上に計画的。

TS3B1828.jpg TS3B1829.jpg TS3B1830.jpg
TS3B1831.jpg TS3B1832.jpg TS3B1834.jpg
萩資料館に車を移動させたあと、
萩ユースホステルへ戻りレンタサイクルの手続きをする。
今日は萩市内でマラソン大会?があってるらしく、警備員や
ゼッケンを着けた選手とちょいちょいすれ違う。歩いてる選手の方が多かった。

TS3B1837.jpg
ででーん!

   (゜д゜) 『出た~w
         こりゃまた見事な…』

                 『ママチャリやねw』

    (゜д゜) 『因島 (いんのしま) ん時の
          子供用よりは全然マシやねぇ』

TS3B1840.jpg TS3B1839.jpg TS3B1838.jpg
TS3B1841.jpg TS3B1842.jpg 
耐性って素敵w
では、出発!

09:11

TS3B1844.jpg

TS3B1843_20110131001149.jpg TS3B1845.jpg TS3B1846.jpg
TS3B1847.jpg TS3B1850_20110131001146.jpg TS3B1849_20110131001147.jpg
TS3B1852.jpg
五月晴れやのぅ…。
のんびりゆっくり萩市内を巡る。
このあと、急転直下の激しいチャリこぎがある事も知らずにw

TS3B1853.jpg TS3B1854.jpg TS3B1856.jpg
TS3B1857.jpg TS3B1859.jpg TS3B1860.jpg
TS3B1862_20110131002059.jpg TS3B1863_20110131002059.jpg TS3B1864.jpg
TS3B1865.jpg TS3B1868_20110131002646.jpg
住宅の構えや植え込みが立派やねぇ。
古い街並みに、現在の生活を強引に合わせている様子。
観光客が多い街だから、気を遣って生活してるんだろうなぁ。
 
まだ早い時間の成果、
観光客はほとんど見当たらない。

09:23

TS3B1869.jpg TS3B1871.jpg TS3B1872.jpg
TS3B1873-1.jpg

TS3B1876.jpg TS3B1874.jpg TS3B1877.jpg
木戸孝允 (きど たかよし) 旧宅 に到着。
明治維新三傑 (情の西郷隆盛、意の大久保利通、知の木戸孝允) の一人、
木戸孝允が20歳まで過ごした生家らしい。少年時代の落書きも残ってるとか何とか…

ここで、第1ミステリー!

突然始まりました山口 ふしぎ発見w
実話木戸孝允は、和田家の長男として生まれ、
8歳の時に桂家へ養子に出されています。

なので、生家というこの家は
木戸孝允の実父、和田昌景 (わだ まさかげ) の家なんですが、
養子に出されたハズの孝允が何故、20歳までここで暮らしていたのでしょうか??


では、答えが書いてある略歴をマニア向けにw
興味がない方は、ちゃちゃっと飛ばして下のほうへw


木戸孝允は、1833 (天保3) 年に6月26日
20石取りの萩藩医、和田昌景の長男としてここで誕生。幼名小五郎。
8歳の時に150石取りの萩藩士、桂家へ養子に行き (養子なので90石)
武士の身分と秩禄 (ちつろく。給料) を得たが、養父母が亡くなったので生家に
戻り、1852 (嘉永5) 年、20歳で江戸に出るまでここで暮らした。

木戸孝允
17歳の時、藩校明倫館で
塾頭の吉田松陰 (20歳) から兵学などを学び、 「事を成すの才有り」 と松陰から評される。 
30歳あたりから藩の要職に就き、京都で国事に奔走。

1866 (慶応2) 年に、坂本龍馬の仲介で
薩摩の西郷隆盛と薩長連合を組み、明治新政府では五箇条の御誓文作成や
版籍奉還、廃藩置県の実現に尽力し、1877 (明治10) 年5月26日、西南戦争中に
京都で胃ガンのため死去。享年45。

木戸孝允2
江戸三大剣術道場の1つ、「練兵館」 の
塾頭を務めるなど、相当な腕を持つ剣客で
“あの”幕末の京都で活躍したにも関わらず、生涯1人も斬る事はなかった。

というのも、斬り合いが始まると
腕前を披露する事もなくいつの間にか姿を消しており、
「逃げの小五郎」 と呼ばれるほどの逃げ足で、池田屋事件でも難を逃れている。
そんな彼だからこそ、京都で潜伏し危険をくぐり抜けて活躍出来たのかも知れない。


 
TS3B1878.jpg TS3B1879.jpg TS3B1880.jpg
TS3B1881.jpg TS3B1884.jpg TS3B1885.jpg
ここで萩市文化財施設1日券というものを購入。
見学料に1施設100円掛かるけど、この券 (300円) で対象9施設を巡る事が出来る。
高杉晋作旧宅が対象外なのは何故…(- -)?

もともと無料だった
文化財施設が2008年10月から有料になったらしく、
1日券はその救済措置っぽいので、高杉晋作旧宅が入っていないという事は
昔から高杉さんちは有料だったのだろう。 

そこはまた後からで、まずは木戸さんちへ。

TS3B1882-3.jpg TS3B1883-1.jpg TS3B1891.jpg
TS3B1890.jpg

TS3B1888.jpg TS3B1887.jpg TS3B1886.jpg
TS3B1897.jpg TS3B1895.jpg TS3B1901_20110202003811.jpg
TS3B1902.jpg TS3B1898.jpg 
庭のソテツが
南国風で意外な趣。

鴨居 (かもい。引き戸、障子、ふすまなどをはめる部分) が低く、
狭い間取りで仕切られた造りの、これぞ昔の家といった感じ。風通しはいいけど冬は寒そう夜泣ぁ。

TS3B1893.jpg TS3B1892.jpg TS3B1894.jpg
TS3B1903.jpg TS3B1904_20110202005111.jpg
直筆の書。
7歳の字とは思えん!!
どうやら木戸孝允は筆の才能があったようだ。

TS3B1906.jpg TS3B1907.jpg
あったあった、落書き。
死してのち止む…死ぬまで努力を続ける。
努力家だったんやねぇ。この時代に名を馳せた人たちは、みんなそうだったんだろうな。

努力して成功するとは限らないが、
成功した人は皆努力している…、か。

TS3B1908.jpg TS3B1905_20110202005113.jpg TS3B1909_20110202005652.jpg
TS3B1914.jpg TS3B1915_20110202010355.jpg TS3B1916.jpg
TS3B1912_20110202010354.jpg TS3B1913.jpg TS3B1911.jpg
江戸時代の地図。
うーん…それぞれ敷地が広い。
当時は武家屋敷が多かったようだ。

TS3B1899.jpg TS3B1900.jpg
何この様変わりw
丸刈り坊主が坊ちゃんになってるw

TS3B1910.jpg TS3B1930.jpg
勉強になりました。
さらば、木戸孝允旧宅!

   (あかん…この調子で記事書いてたら
     どんだけ長くなるんだろう…1/29過ぎてるやんけ…)














09:50

TS3B1924_20110203234716.jpg 
TS3B1928.jpg TS3B1925_20110203234715.jpg TS3B1929.jpg
TS3B1923.jpg TS3B1927.jpg TS3B1926_20110203234714.jpg
途中ぶらりと寄った
着物レンタル・和雑貨・萩焼屋。
柳沢慎吾が若いw何歳の時だろう?

萩焼の急須が8400円…
高いやろ~こんなもんなんかなぁ。

TS3B1932.jpg TS3B1933.jpg TS3B1934.jpg
TS3B1931.jpg

TS3B1935.jpg TS3B1936_20110204002835.jpg TS3B1937.jpg
TS3B1940.jpg TS3B1941_20110204003227.jpg TS3B1942.jpg 
TS3B1943.jpg TS3B1944.jpg TS3B1945_20110204003225.jpg
TS3B1947_20110204003341.jpg
どんどん東へ。
だいぶ郊外に来たようだ。
そろそろ神社が見えてくると思うけどなぁ。

TS3B1949.jpg

TS3B1950_20110204003811.jpg TS3B1951.jpg TS3B1952.jpg
TS3B1953.jpg TS3B1954.jpg TS3B1956.jpg
TS3B1957.jpg
歪んでるのは
爺ちゃんの性格なのか、標識のほうなのか…
標識のほうですよ…ね?w

TS3B1958.jpg TS3B1959.jpg TS3B1960.jpg
TS3B1962.jpg TS3B1963.jpg TS3B1964.jpg
TS3B1965.jpg TS3B1966.jpg TS3B1968.jpg
TS3B1967_20110204004842.jpg

10:14

着いたー!
ここが松蔭神社か~…松下村塾もここにあるようだ。
まるで、も…

ここで、第2ミステリー!

…突然記事を中断して、
爺ちゃんはカテゴリー分けや
テーマ選択などの仕上げモードになってしまいました。
いったい何故なのでしょうか??

①疲労
②次回はコンパクトな記事に…という前回の約束を思い出した
③後半をまさかの3分割にしようと決めた


…答えは3日後に!
それでは、さよなら・さよなら・さよなら~w

2010 GW 瀬戸内トラベリング 後編2 (2/3) へ続く。




P・S
今回の少し後の分まで
記事を書いてはいるので、
スパパーン!と短期間にアップ出来ると信じたいです。







気が向いた時に
ワンクリックして頂くと、爺ちゃんは長生き出来そうです。 m(_  _)m


ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 動画紹介ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ 

スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報


この記事に対するコメント
3分割からさらに3分割!?

わしの出番はまだか??
【2011/02/04 20:23】 URL | 吉田松陰 #- [ 編集]


>吉田松陰先生

これはこれは、松陰先生!
あの世からご訪問して頂き感激でございます。 m(_  _)m

去年の5月に迷い込んできた
男2匹を覚えておいででしょうか??
先生の足跡や後世に遺した多大な影響を、熊本から発信させて頂きます。

泉下でご笑覧頂ければ幸いです。m(_  _)m
【2011/02/05 16:16】 URL | けん爺ちゃん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://3kstyle.blog104.fc2.com/tb.php/184-e70611c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。